大寒の日。身体はやっぱり冷やしてはいけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道ではマイナス30度以下に下がった地域もあったとニュースで伝えていましたが、
ここ関東でもそこまで下がらないですが、
やっぱり寒いのが辛いのは、どこでも一緒ですよね。
特に寒い季節は、身体中がこわばってしまって、
しかもどことなく、一日中だるさが抜けない感じがつきまといます。
風邪やインフルエンザの予兆なのかななんて思っていると、
やっぱり喉がちょっとヒリヒリしてきます。
でも、仕事もあるし、他にもやらなくてはいけないこともあるしで、
風邪なんかひいてられないと思って、
漢方薬やら、徹底的にうがいなどをしてみるのですが、
どうも今ひとつ良くなりません。
そこで、やっぱりこれは身体の免疫力自体が下がっているのだろうと思い、
身体を手っ取り早く温めるのならば、と試みたのが、
寝る前の長風呂です。
半身浴はこの季節では、上半身が流石に辛いので、低めの温度で肩まで浸かり、
そして重曹をたっぷりとアロマオイルを一たらしして入浴しました。
やっぱりいいですね。身体を温めるというのは。
布団に入っても温かく、しかもぐっすりと眠れました。
しかも、翌日は全身爽快で、パッと目覚めることができました。
身体はやっぱり冷やしちゃいけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。