男子チームに女性スタッフは不要だと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近プレミアリーグ・チェルシーに所属する美人医師のことが話題になっていますが、先日は何かと最近話題になっている氷水被りまでやらされたみたいで、
また注目されてたようです。
何でまた女性医師がわざわざプロサッカーチームみたいな男臭い職場に雇われてるのかという理由が気になりました。
選手達も女性でしかも美女だとなると気になって、プレーに集中出来ないのではないかという気もするのですが、
逆にいいとこ見せようとして頑張る傾向にあり、有益であるとかいうデータが存在するなどしていて、試しにやってるのかも知りませんが、
監督のモウリーニョにそのような趣味があって、彼が連れてきたという話は聞いたことないので、多分クラブのお偉いさんが決めた基本方針なのでしょう。
スペイン代表にもマネージャみたいな女性が帯同していたのをW杯の時に見ましたけれど、あの方はどう見てもデルボスケ監督のお孫さんが手伝いに来てるようしか見えなかったので、ある意味、女性としての存在価値があるのかどうかは全く不明なように思えました。
私の意見は男子サッカーチームに女性スタッフは不要ということですね。
ドクターにしてもです。
たいした怪我でもないのにピッチで倒れこんだままで、ずっと美人医師が来るのを待つような選手が後を断たなくなるような気がするからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。