宅飲みの魅力について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、友達の自宅にお呼ばれされる機会が多くなりました。
秋も深まり、夜が長くなって、友達宅で過ごす週末は何ものにも代えがたいひと時です。
仕事や家事の疲れも吹っ飛ぶほど、この時間がかけがえの時間になりつつあります。こんな時間を与えてくれた友達にも感謝しています。
料理は持ち寄りです。主催者がすべて準備をしていては長続きしません。持ち寄る料理を事前に友達同士でLINEで打ち合わせをしてダブらないように気をつけます。ご飯もの、肉、魚などバラエティに富むようにしています。お酒も各自が適当に持ち寄ります。自分なら、同じような飲み物しか飲みませんが、他人が持ってくることで、いろんなお酒が楽しめます。
これまではワイン派でしたが、最近、日本酒の美味しさに目覚めています。ただ飲みすぎには注意です。友達宅には酔っても泊まれないので、適量に止めています。これが、外での飲み会だと、ハメを外しそうなので、その点も宅飲みはいいものです。
これから寒くなるにつれて、鍋が恋しくなります。居酒屋の鍋料理は意外に高いですが、家の鍋なら、一品料理よりグッと安くできてリーズナブルです。
牡蠣やたらなど、これから寒くなるにつれて美味しさが増す食材を入れた鍋が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。