進化するフルーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で果樹農家の担当をしている親戚から珍しいフルーツをよく頂きます。
時期によって様々ですが、ある時は葡萄ばかりもらいました。子供の時によく食べた覚えがある、粒の小さなデラウェアは最近ではあまり見かけなくなったような気がします。その代わりに、種が無くて皮も食べられる大粒なものが好まれているそうです。大粒な葡萄なんて、マスカットか巨峰くらいしか知りませんでしたが、今や改良が進み、本当に多くの品種を目にします。いろいろ頂くうちに、私の中で葡萄は皮ごと「ポリポリ」食べる物という認識になりました。
皮が柿のように赤くて甘みの強いみかんなんていうのもありました。甘いだけではなく体に有効な栄養素も多いのだとか。それに、メロンのようなキウイなども。キウイの風味と種のブツブツとした食感はそのままで甘さはメロンに負けない、ということのようです。メロンより甘い桃もありました。
全ての果物はメロンを目標にでもしているのかしら、と思ってしまいます。糖度が高いという所にばかり目が行きがちですが、私は何よりもそのフルーツの持っている個性を強く感じたいと思います。酸味が魅力のものはキチンと酸っぱくいてほしい。
食べやすさから種無しフルーツも多くなっていますが、生き物として種がないという不自然さが少し怖いなと感じてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。