子供と大人の文房具の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人になって改めて持たなくなったものってありますよね。
その代表例が、文房具ではないでしょうか。
筆箱はギリギリ持ってますが、ボールペンやマーカーだけのごく軽いものです。
はさみは家に常備してあります。あとホッチキスやのりもあることはあります。
そんな中、そういえば家にも持ってもいなかった!というものを発見。
消しゴムです。
消しゴムなんてもう、家のどこかにあるもんだと思ってました。
靴下の片方がなくなったとき、「まあそのうち出てくるか」と同じ感じで、
わざわざ買わなくても探せばあるでしょ~
と、たかをくくっていたんですが、
いや結構ない!探しましたが、なかったのです。
シャーペンの先っちょにある消しゴムしきゃない!
これはまずいと一応消しゴム買っておきました。
文房具コーナー行ったら、消しゴム以外にもそういえば使ってないなあ~と思うようなものがいっぱい売っていて、懐かしくなりました。
特に下敷きなんて、懐かしすぎます。
なんだか下敷きを使える小学生がうらやましくなってしまいました。
子供の頃は逆に、大人が使う文具がうらやましかったんですよね、
ポストイットとか。
教科書や本に、ページを折ればいいところを、
わざわざポストイット使ってたなあ~。
まさか下敷きが大人になってこんなにうらやましく感じるなんて!
不思議です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。