看護師の存在は幼かった私にとって大切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い人生を歩んでいくと当然のように体調を崩したりケガをしたりして病院にお世話になることはあります。むしろ病院に行ったことがない人を探す方が難しいのではないでしょうか。そんな多くの人たちが利用する病院で活躍されているのが看護師さんだと思います。私も子供の頃から看護師さんにはお世話になっているので初めて入院した時のエピソードを紹介させていただきます。左足を火傷して病院に運ばれたのですが火傷の痛みとは別に病院の治療台に乗せられた時の不安も同時に訪れた際は悲しくて仕方がありませんでした。その時に私の不安を解消してくれたのが看護師さんだったのです。その看護師さんは恐らくベテランの婦長さんクラスの人だったと思うのですが、私の左手をそっと握ってくれたのです。左手を握られた瞬間の温もりはやはり母親を思い出してしまい母性を感じてしまったのです。その結果、痛みは引き続きあったものの不安はあっという間に解消されていきました。その後1ヶ月近く入院したのですが、その看護師さんは小学生だった私の事を気にかけてくれたようで廊下で会うたびに優しく話しかけてくれたのです。さいたま市 看護師求人とう職業はただ単に医者のサポートをするという事だけでなく患者さんの精神面もケアしてくれる役割もしてくれるのだなと病院に行く度に感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)