夢見る頃を過ぎても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢に懐かしい人が出てきました。普段は望んでも見られない
夢だったので何だかほわんとした気分です。朝方見た夢は
割と記憶に残りますね。夜のうちに見た夢は脳の奥深くに
眠ったまま潜在意識だけが記憶しているらしいので、夜に
トイレに行きたくて起きた時などにしか記憶に残らず残念
です。夢を見る時間は割合短いらしいですが、夢から覚めると
なんだか長編映画を見終わったような疲れが襲ってくることも
あります。そういう時は大抵あまり良い内容の夢じゃないのが
悔やまれます。とは言え、今日見た夢はすごくいい夢でした。
なかなか会えない人が出てきて、長時間会話するという内容で
それはそれは長い世間話に明け暮れていました。夢の中で
しゃべりすぎたせいか、今日はもう何もしゃべりたくありません。
夫や子供が何かとしゃべりかけてきても上の空で、はぁとかうん
とか気のない返事しか出てきません。そんな時もありますよね。
明日からはまたいつもの口うるさい妻であり母親に戻ります。
たまには家族も私が静かな方がのんびり出来て気が休まるでしょう。
でも春ですね。何をしても眠くてかないません。春眠暁を覚えず
って本当だと思いました。夢の中の私は何故か20歳は若くて
溌剌としていました。夢って自由ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。