ドローン事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型無人機「ドローン」が何かと話題であり、民間用よりも軍事的な分野で注目されている理由が明らかになるショッキングな事件がありました。
首相官邸の屋上に放射能マークの付いていたと言う不審極まりないドローンが墜落していて、しかも放射性物質が検出されたというのです。
何か政治的な意図を持った勢力による脅しという可能性がかなり強く、ドローンを利用したら相当簡単にテロれちゃうというのが実証されたと言っていいでしょう。
ドローンの何が厄介かと言うと、小さすぎて従来のレーダーなどには引っかからないのです。
そして銃撃などで撃墜しようにも、小さい=当たりにくい&脆弱なので銃弾があらぬ場所に着弾してしまう可能性が高いというのもあります。
まあとにかく、安部総理が官邸に寝泊りしていない事を問題視する人もいるようですが、このような事があると総理の判断も間違いではないのでしょう。
そしてこのドローン、恐ろしい事に現時点では法律上リモコンなどで空を飛ぶオモチャと変わらない扱いになっています。
おそらくはすぐに何らかの規制がかけられるとは思います、がテロにもの凄く使えるオモチャとか何のギャグですか?
頭上に注意しないと命が危ないような生活は、ちょっとごめんこうむります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。