動画配信サービス戦国時代に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さも大分和らいできて、秋の風が感じられるようになりました。
今年は暑い時期が短く、夏があっという間に終わってしまった気がします。
さてマイナンバー制度が今年10月から始まります。
ひとりひとりにマイナンバーが割り当てられ納税や年金、病院の手続きが簡素化され行政サービスの向上につながるといわれています。しかし実際のところは税金のとりもれを防ぐためともいわれています。政府は血税を搾り取ろうとしているようです。個人情報の流出も懸念されています。年金情報流出の問題など、役所の仕事が100%安心かといわれればそうではありません。個人情報流出問題は今後必ず起こってくると思われます。マイナンバー制なんて導入しないでいいじゃないというのは国民の都合ですが、なんでも公務員の都合のいいように動いていくんですね。
変わっていくものと言えばテレビの視聴方法も大きく変わりそうです。
ネットフリックスが9月から日本でも見られるようになりました。
ベーシックプランが650円、スタンダードプランが950円。
ライバルのHULUが約1000円でドラマや映画など数多くのコンテンツが見れるので、1000円払えば大体どちらでも同じサービスが受けられるのでしょう。
気になるのがアマゾンの動画配信サービス。アマゾンプライム会員になれば、
追加料金なしに動画が見れるというもの。プライム会員は年額3900円。月額にすると325円で動画が見放題になります。まだどのようなコンテンツが見られるか発表されていないけれど、コンテンツの内容がネットフリックス、Huluに匹敵するようならアマゾンは断然お得です。アマゾンのコンテンツの発表が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。