今年の目標は、着物の着付けを習うことです。
いました。
私は元々和風好きで生活の中にちょこちょこと和風をとりいれていました。 たとえば、着物の生地を使ったポーチやベルトなど。
それに加えて、民族衣装が好きで各国の衣装が着られる機会があれば体験を進んでしていました。
そんな私なので、着物が好きで興味自体はずっとずっとあったのですが、中々敷居が高い気がして一歩踏め出せないでいました。
本格的に習おうと思い始めたきっかけは、友人が着物の着付けを習って着こなしていること。
友人以外にもちらほらと着物の着付けを習ってる人はいて、なんとなく着物を着るというのが身近に感じられてはいましたが、それまでの着付けを習っているという人は大抵、お茶やお花も習っていてどこかで披露できる場がある人ばかりでした。
着物には興味があるもののお茶もお花も全くの素人の私。
もし今から習い始めても着物を着てみんなの前でご披露できる日はいつになるのだろう?と思うと、着る機会がなさそうな着物を着るのもなぁ、と二の足を踏んでいました。
ところが、そんな固定概念を打ち破った友人は、着物の着付けを習い始めたという話を聞いた頃から、日常のなかで着物を着ている写真をSNSにアップしているのです。
今日は天気がいいから、近くの神社に着物で行った、とか、古い町並みが残っている観光地に行く機会があったから着物で行ってきた、とか、とにかく友人はアクティブ!どんどんと着物を着こなしています。
話を聞くと、着付けを習うときに着物も一つ買っての講習だったそうで、少しずつ新しい着物も増やしている様子。
この話を聞き、今まで敷居が高かった着物を随分身近に感じ、今年は着物の着付けをならってみようとおもっています。